即日融資の決定版 | 即日融資の審査で落ちる原因

即日融資の審査で落ちる原因は色々あります。一番多いのはやはり年収でしょう。年収が少ない、もしくは年収がしっかりあったとしてもそれを証明できないという場合は審査でも落ちることが多いです。

 

これは別にその人に対して冷たくしているというわけではなく、返す能力のない人に貸したら、後でその人が困るだけなので、そういう人を守るためにも貸してはいけない、というルールがあるからです。こういう理由で借りられなかった場合、それは仕方がないですし、むしろ借りられる方が悲劇だと思った方がいいでしょう。

 

定職がないのも落ちやすい原因の一つ

パート・アルバイトの方であっても、一つのお店に長く勤めていたりして、安定した勤め先があるということが証明できる場合は、比較的信用になります(もちろん、それでもやはり正社員などの立場の方がいいわけですが)。

 

これに対して、たとえば自営業などの方の場合は、通常の正社員よりも不安定なので、普通よりも上のレベルの年収がないと審査に落ちるということが多いです。このへんも、その人の実力というよりは単純に収入が安定しているかどうかだけがキャッシングする側の関心事なので、当然といえるでしょう。

 

勤続年数が短いと落ちやすい

さらに、安定した勤め先があったとしてもそこでの勤続年数が短いと審査に落ちやすくなります。まだ勤め始めたばかりということは、しばらくしたらやめる可能性も高いからです。

 

特にこれまでにたくさん転職をしているという方は要注意です。またすぐに変わるという認識を審査でも持たれるため、これはやはり審査で不利になります。

 

今の時代は昔と違って長く勤めていれば給料が上がっていくという時代ではありません。それでも、一つの場所で長く働き続けるタイプの人は、大抵返済もまじめにコツコツとしてくれるので、それで評価されるわけです。

 

居住年数が短いと審査に落ちやすい

さらに居住年数が短いということも審査に落ちやすい原因です。長く一つの家に住んでいる方というのは、持ち家にしても賃貸にしても、家賃をしっかり払い続けたり、固定資産税を払い続けたということなので、それだけでも信用になります。また、勤続年数同様、こういう数字が長い人は、基本的にまじめに返済してくれるタイプの方が多いということです。