即日融資の決定版 | 無職でもお金を借りることはできる?

無職でもお金を借りることはできます。もちろん定職がある方よりはだいぶ厳しい条件になりますが、それでもカード会社のルールに適合する方であれば、その限度額の中で問題なく借入をすることができます。

無職でもお金を借りることができるケースはいくつかあります。そのケースによってクリアすべき条件などが異なってくるので、それぞれまとめましょう。

 

前年までは仕事があったケース

たとえば今は無職だけど前年までは仕事があった、あるいは先月までは仕事をしていたというようなケースでは、無職でも普通よりは借りやすくなります。まず前年の所得証明が問題なくできるわけですし、ついこの間まで勤めていたということで、貯金などもしっかりあるケースが多い、と判断されます。

 

基本的に、人間は仕事から離れてから時間がたてばたつほど社会復帰が難しくなると考えられているので、やめて無職になったあと、時間が経っている方は不利になります。逆に時間があまり経っていない方の場合は、多少不利になっても大きな不利になることはない、ということです。

 

無職でも収入が多いケース

そんなケースがあるのかと思われるかも知れませんが、たとえば株式投資などの投資による収入があったり、その他無職であっても収入が得られていて、しかもその金額が多いという場合は十分キャッシングの対象となります。実際に返すのに必要なのは経済力ですし、その経済力が問題なくあるということだからです。

 

もっとも、無職でもそのように収入の多い方というのは、急場をしのぐためにキャッシングが必要、ということはあまりないかも知れません。そのため、キャッシングを申し込む人で無職といったらやはり収入も低いというパターンが多いのかも知れませんが、あくまでこういう一例もある、ということです。

 

無職の場合、保証人が必要?

これはカード会社のルールによりますが、一般的な限度額の場合は特に保証人などは必要がないことが多いです。年収や勤続年数、借入総額などのメインとなる条件を見て、それで問題がなければ機会的に融資が決まるということも多いです。

 

このように、無職の方でも即日融資のキャッシングは意外と利用できるものなので、必要な時には、条件を満たしている方は是非利用してみるといいでしょう。