即日融資の決定版 | 自営業でもお金を借りることのできるローン

自営業でもお金を借りることは可能です。借り方は大別して2通りあり、まずは普通に個人として借りることです。この場合、職業の欄で自営業として申告するだけで、特別なことは何もありません。年収さえしっかり証明できれば普通のサラリーマンと同じように借入をすることが可能です。

 

もう一つの方法は事業者向けのローンを利用するという方法です。これは事業に使うという条件で借入ができるもので、事業用なので金額も少し大きくなっています。また実質年率も安くなっています。

 

事業用の投資だったら、事業向けローンがおすすめ

実際に事業に使う投資であったら、事業者向けローンを利用する方がいいでしょう。そのために用意されているローンですから利息も安いですし、金額も大きく大きな投資にも対応できます。

 

もちろん、事業用と嘘をいって個人の生活に使うというのはダメです。やってもバレないことはあるかも知れませんが、そもそも事業用で借りるような大金を個人の生活に借金でつぎ込んでいるという状態が極めて危険ですし、こうした方は個人の生活でも事業でもかなり破綻の危険性があります。なので、そのようなことはくれぐれも辞めましょう。

 

銀行の融資ではなぜダメなのか?

自営業の経験がない方の場合、このような事業者向けローンよりも、銀行の融資の方がいいのではないかと思われるかもしれません。確かに銀行の融資は利息もかなりやすいですし、限度額も大きいことが多いです。

 

しかし、自営業をしているとわかると思いますが、銀行から融資を受けるというのはかなり大変なのです。零細な事業者では基本的に無理ですし、仮に受けるとしても実際にお金が手元に来るまでにかなりの時間がかかったりと、急場をしのぐには銀行は使えない、ということが多いのです。

 

その点、カード会社の事業者向けローンであれば審査から融資までの時間がかなり短くなっています。なので、いざという場面で役立つのです。

 

基本的には、あまり使わない方がいい

しかし、基本的にはあまり使わない方がいいでしょう。実店舗をかまえて投資がたくさん必要になる事業の場合、借入をするのは仕方がないことです。しかし、借入はその事業から転換するのを難しくする足かせでもありますし、何かとマイナスが多いです。よほどの必要がない限り、事業でも借入は抑えるべきでしょう。