即日融資の決定版 | ニートでも借入が可能なローン会社は

ニートでも借入ができるローン会社はたくさんあります。というより、キャッシングをしている会社のほとんどは一応ニートでも借入をすることができます。

 

そもそもニートといってもその定義が人によって曖昧です。完全に何もしていない、部屋から一歩も出ない人をニートということもあれば、フリーターとして年収はあるけど、親から自立していないという人をニートということもあります。

 

このようにニートの定義が人によって違うわけですが、特に後者のようなニートの場合は年収があるということで、審査にも通りやすくなるでしょう。

 

ニートでもフリーターでも、要は年収があること

これはフリーターなどの他の条件でも言えることなのですが、要は年収があるかないかです。ニートだろうとフリーターだろうと年収さえあれば何も問題はないわけです。要はローン会社としては返済さえしっかりしてくれればいいのです。そして、返済能力があるかどうかを計る一番の基準はやはり年収です。なので、ニートでも年収さえあれば問題はありません。

 

 

資産家のB.N.Fさんも、ニートのようなもの

たとえばネットの株式投資で資産200億円を築いた日本一の個人投資家B.N.Fさんも、立場はニートでした。一定の時期からは株式会社にしていると思いますが、それでも本人も「ニート」とずっと名乗っていましたし、最初の数年間は社会的にもニートのままだったと考えられます。

 

B.N.Fさんは極端な例ですが、このようにニートでもデイトレードなどをして年収があるという人はいますから、要は年収さえあれば借入は可能と考えていいでしょう。

 

他社からの借入総額が多い人は、年収があってもダメ

これも当然のことですが、他社からの借入総額が多い人は、年収が多少高くても要注意です。というのは現時点で年収があっても、たくさん借入をしているという時点で何か裏事情があると想像されるからです。

 

そもそも、普通に余裕がある状態だったら、このように複数社から借入をする必要などないんですね。それをしているという時点で、年収はあったとしても何かその人は問題を抱えていると想像できます。

 

そのため、他社からの借入総額が多いという方は審査でも落ちやすいと判断した方がいいでしょう。その場合は同じ会社から借りるなど、借入先を変えた方がいいかも知れません。