即日融資の決定版 | お金を借りるために必要な審査条件

お金を借りるために必要な審査の条件はいくつかあります。基本的にはどのカード会社でもそれらの条件の最低限のラインをクリアしている必要があります。ここではそれらの審査条件について書きます。

 

まず第一に必要なのは他社からの借入総額が少ないということです。厳密にいうと、その人の年収と比較して、総額規制に引っかからない範囲内ということです。年収が多ければ極端な話借入総額が100万だったとしても「少ない」と判断されますし、逆に年収が30万しかなかったら、借入総額が10万だったとしても「多い」と判断されます。

 

そういう点では、借入総額が多いか少ないかはその人の年収によって決まるということなので、年収が重要ということになるかも知れませんが、いずれにしても借入総額が一定のラインを超えていない、ということが条件です。

 

やはり一番重要な条件は年収

上に書いた通り、絶対のルールである借入総額の上限を決めるのも年収です。ということは、一番重要な審査条件は年収ということもできるかもしれません。

 

実際、キャッシングを提供しているカード会社の側としては、要は返済さえしてくれればその人がどんな人間だろうと関係はないわけです。ニートだろうがフリーターだろうが、自営業をしている方だろうが、主婦だろうがとにかく何でもいいのです。返済能力さえあれば返済してくれるわけですから、カード会社が見るのはただ一点、その人に返済能力があるかないかなのです。

 

そして、実際に返済するのに一番重要なものはお金、つまり年収ですから、年収がまず第一に見られるのです。

 

その次に定職についているかどうか

その次に重要な条件が「定職についているかどうか」です。定職についていれば、例えば万が一ケガや病気で働けなくなったという場合も、ある程度保険がきく場合があります。また、やむを得ない事情で失業してしまっても、しばらくは失業保険金がもらえる可能性もあります。
一方フリーターの方の場合はこれがありません。今は働いていて年収が多少あったとしても、交通事故や病気などで働けなくなったら、一気に年収はゼロになってしまうのです。そのため、定職がある人の方が信用されます。

 

勤続年数が長いか短いか

これも重要な条件の一つです。やはり長く勤めているような真面目な方は返済もまじめにすることが多いですし、長く勤めていれば大抵昇給していくものです。

 

そういう点でも、勤続年数が長い人はお金を借りる上でも特に評価されます。