即日融資の決定版 | お金を借りる場合の賢い返済方法

お金を借りる場合の賢い返済のやり方はいくつかあります。まず一つ目は家計簿をつけるということです。返済とは直接関係がないように思えるかもしれませんが、この効果はてき面です。

 

そもそも、キャッシングを使いすぎて破産する人というのは、ほぼ全員家計簿をつけていません。家計簿をつけるどころか、自分の出費を何となく把握する、ということすらしていません。まったく何も考えていないのです。

 

普通の人は家計簿まではつけなくても、何となくその日いくら使ったか、いくらのお金が入ったかということを感覚で掴んでいます。なので、使い過ぎたら危険信号が灯ります。しかし、破産する人はその感覚がないのです。

 

家計簿をつけることで、金銭感覚が育つ

キャッシングで破産する人は、上に書いたようにとにかく金銭感覚がないのです。稼ぐ力がないというよりも一番の原因はこれです。稼ぐ金額以上に借りてしまうというのが一番の原因なのです。

 

なので、こうした方はまず金銭感覚を養う必要があります。その点、家計簿は金銭感覚を養うのに最適なツールなので、これをしっかり毎日つけることをおすすめします。これはキャッシングを利用する人だけではなく利用しない方でもおすすめです。

 

人間は意外と自分の出費をしっかり把握していないものです。それに気づくためだけにもで、まず家計簿をしばらくつけてみましょう。そうすると自分の生活のムダがよく見えて、今後どう生きるべきかを考えさせられるでしょう。

 

返済は、カードローンの専用ATMを使う

大抵のカードローンはそれ専用のATMを持っています。街中で「プロミス」などと書かれたATMを見た事があると思いますが、あれがそうです。
あれは借入もできますし返済もできます。ここで借入や返済をした場合、銀行口座を利用した時と違って手数料がまったくかからないですし、返済をした時もそのうち元金に相当したのがいくらだったのか、利息はいくらだったのかということを細かく計算してくれます。

 

データを把握することで、返済が進む

このようにデータを見ると、自分がいかに利息を多く払っているか痛感します。そして「できるだけ早く完済しよう」という目標も立つようになります。

 

このような意識が育つという点でも、専用のATMを使って返済することは大きなメリットがあるといえます。